So-net無料ブログ作成
鳥羽・伊勢 ブログトップ
前の3件 | -

パンパンちゃん、伊勢神宮への旅1泊2日⑨ [鳥羽・伊勢]

そんなこんなでこの長い旅も終わりを告げようとしています。


近鉄で名古屋へ向かいます。これで4時半頃かな。まだ明るいですが、名古屋に着いた時にはとっぷり暗くなっていました。

ずっと行ってみたかった鳥羽水族館。憧れのマナティーとジュゴンの両方に会えて満足です。ああ、思い出します出雲に行った時…ずっと伊勢神宮と間違えていた自分…。本当、何故そんな思い込みを発動していたのか。
いつか機会があればまた来て、今度は熊野の方に行ってみたいです。


名古屋駅でのぞみに乗り換え。名古屋嬢には会えませんでしたねえ。


駅でお弁当を購入。幕の内弁当です。すごく「名古屋の駅弁です!」っていう感じではなく、普通に幕の内ですが美味しかったです。本当は焼肉弁当が食べたかったんだけど…売り切れ。
名古屋駅のお弁当&お土産売り場は激混みで、選ぶよりもとにかく手近なのをつかんで、清算のお姉さんに差し出さないと、いつまでたっても買えない感じでした。友人も「とにかく何でもいいから買った」と言ってました


「この俵型のご飯がいいのよねー。美味しそうなのよねー」とお弁当を覗き込むパンパンちゃん。


「ごちそうさまー」
「…俺、食べてないのに」
「あんた少しやせた方がいいよ。名前もメタボだし」
という感じの風景。

のぞみは本当に早い。食べてうとうとしていると、もうあっという間に新横浜に着いてしまいました。


ただいま。

一泊二日の鳥羽・伊勢強行旅行もこれにて無事に終了です。確かに時間は足りなかったけど、その分びっちびちの充実感があったような気がします。
私は本当はぬるい旅行(何もしない。温泉オンリー。旅館廻りでちょっと観光程度)の方が好きなんですが、たまにはこんなスケジュールも面白かったです。しかし地方に行く時はバスの時間とか注意しないとやっぱりダメだなあとほとほと思いました(実は内宮に行くバスを乗り逃し、別まわりのバスはあったけど、それがなければ1時間待ちで絶望的だったので)。

それでは、この長い一泊二日を読んでくれてありがとうございます!しばらくは新パンパンちゃんアップ日記になってしまうと思いますが、機会があれば「お出かけしよう!パンパンちゃん!」。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

パンパンちゃん、伊勢神宮への旅1泊2日⑧ [鳥羽・伊勢]

読んでくださってる方、ありがとうございます。
なんでこんな長く書いてるのか自分が分かりません。大したことのない、地味な旅だと思っていたのに…だって当初の予定は全3回ですよ…

さて、あらかじめ書いておきますが、ここから加速して「パンパンちゃんにしかピントのあってない写真」ばかりになります。そうです、ここでデジカメのカードを買っておかなかった弊害が出ました。内宮の途中でカードが一杯になってしまい、画像を消し消し進んでいます。


とにかく腹ごしらえを。おはらい町で伊勢うどんとてこね寿司を猛ダッシュで食べる。
セットで1000円だったと思う。伊勢うどんの方はあまり好みじゃななかったけど、てこね寿司は美味しかった~。

そして内宮へ。外宮と同じように、広い。つまり遠い。

こちらの鳥居をくぐりぬけ~

五十鈴川を渡ります。本当はここで川遊びをしたかったんだけど、時間無し。

ずずんがずずんが先へ先へ。五十鈴川の川べりまで降りれる御手洗場にて手を洗います。まだ思ったより水は冷たくなかったです。

なめてんのかと言われそうなほど詳細の分からない御手洗場写真。後ろは五十鈴川。錦鯉が優雅に泳いでいました。

さらにずんががずんががと先へ。見上げれば、花粉症の人が倒れそうなほどの大木の杉。転倒防止のためか、根元を金具で固定されているものも多かったです。根っこあたりはゴッホの筆使いのような、ぐんにゃりうねうねした力強い曲線を描いていました。


この上が正宮。はい、写真はこれしかありません。撮り忘れました…。

正宮確認!急ぎ他の宮も確認せよ!という妄想命令が下り、あせる私達。ええ、もうなんか観光なのにちっともまったり出来ません。時計とにらみ合いです。
大急ぎで別宮を見(そういえば正宮に着く前にひとつ別宮に行きました。川を渡る橋の風景がいい感じでした)、馬に会いに行けば馬は留守。代わりにと言ってはなんですが

 
若沖が描きそうなニワトリ。素敵。10羽くらいあちこちにいました。ニワトリって怖いと思っていたけど、きれいです。風呂とかいれてるの?というくらいの美しい白。

うっかり餌と間違えて食われそうなパンパンちゃんと、人懐こい美しい鯉。

さて、駆け足で内宮を見終わり、おはらい町で「ここで解散!45分後にタクシー乗り場にて集合!」と別行動をとりました。今まで旅行していて、早朝風呂とか以外単独行動をすることはなかったけど、時間があまりなくお店を見たい時は、この解散行動が一番いいかもと思いました。

さてさて、そんなこんなで例の赤福も買って、再集合。赤福、まさか買って数日後にあんなことになるとはなあ…。あの時買わなかったら、一生食べなかったかも…ある意味ラッキーでした。お腹に異常はありません。

ちょろっとバスを待ち、伊勢神宮駅へ。これで観光も全て終わり。あとは帰りの列車に揺られるだけです。さようなら、三重県。憧れていた三重県(本当)。

伊勢観光協会(おはらい町・伊勢神宮等)
http://www.ise-kanko.jp/

パンパンちゃん、伊勢神宮への旅1泊2日⑧(最終回)へ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

パンパンちゃん、伊勢神宮への旅1泊2日⑦ [鳥羽・伊勢]

外宮を回る我々とパンパンちゃん一同。時間はあまりない…。

外宮の中で、ガイドブックに載っている「土宮」「多賀宮」「風宮」を回った我々。しかしガイドブックにはもうひとつ「月夜見宮」…。微妙に書いてない場所…。どうやら外宮自体の外にあるらしい。
北御門鳥居を抜けて、外へ向かう我々。

「誰も歩いてないね…」
「地元の人も歩いてないね…」
「案内も出てないね…」

会話の最後に「…」出まくりな感じで歩いていく我々。T字路で立ち止まり、地図を確認する友人。秋の香り、金木犀が背後に香る。


地図と首っ引きな友人の横でこんな写真撮っている自分。ちなみに友人は後でデジカメを見ながら「これいつ撮ったの?」と言ってました。ごめん…。

なんだかんだの相談して、T字路を渡って歩いていく我々。見事な木立朝鮮朝顔を見ながら行くと、森っぽい塊と鳥居が!どうやら無事に着いたようです月夜見宮。友人二人は「月夜見って地味だよね~」「でも地味なところがまたいいよねー、私一番好き」という会話をしていましたが、私は不勉強なのでまぜっかえしをするだけで分かりませんでした。


月夜見宮。見事なほど無人。無人過ぎてお勧めスポット。

外宮から離れている所為でしょうか、ガイドブックに目立つ記述がないからでしょうか、人が全くいません。手水舎で手を洗い、参拝。


手水舎と、その横に巨大な木。ハックが家を作りそうだ。

神社とかでむやみに写真撮るとなんかやばいもの写っちゃったり…なんてことはありませんねやはり。外宮でも内宮でもみんな写真撮りまくりですしね。


人がいないから撮れる、月夜見宮あおり構図写真。切れてるし。

さてさて、そんなこんなで次は内宮です。
「内宮はバスだよ」と友人に言われ、歩いて行けると思っていた私はビックリ。ガイドブック買っても読まない典型的なタイプの人間です。駅前に戻って、どうにか内宮に行くバスに乗ります。

「4時には伊勢駅に戻らないとね…」
「土産物屋のあるところ、見る時間取らないと。せめて1時間」
「とすると、食事速攻して、内宮1時間で見ないとダメだね…」

果たして内宮は1時間で見終わるような物なのか?!帰りの電車には無事乗れるのか?乗れたから今これ書いてるけど…
パンパンちゃん、伊勢神宮への旅1泊2日⑧へ

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | - 鳥羽・伊勢 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます