So-net無料ブログ作成
金沢・和倉 ブログトップ

パンパンちゃんと金沢・和倉温泉1泊2日の旅③ [金沢・和倉]

「ちりはま号」に送って貰って、13時半前に金沢駅へ戻りました。
金沢駅のお土産街を冷やかし、きんつばやらなにやら買って、時間も余るけど
かと言ってバスでどこかへ行くほどの余裕は無い、と言う感じ。
うろうろしていると、ステーションギャラリーで金沢の伝統工芸展がやっているのを
見つけたので見学させて貰いました。

番傘20130114.JPG 加賀友禅20130114.JPG
美しい色合いの番傘に、意外とパステル調な加賀友禅。

係の方に加賀友禅の染め方の説明を聞いたり、職人さんの作品を見たり
(鳥が好きな方らしく、孔雀とか尾長とか、あと目白があった気がする…)
小さなコーナーですがこのたびの中で「金沢」を一番堪能できたのはここだった
のではないかと思います。
その係の方との会話で、どこから来たのですか?と聞かれ、「神奈川です」と
答えたところ、「あーあちら雪がすごいらしいですね」と言われまして…雪?

ステーションギャラリーを見終わった後、駅のコンコースに戻ると、サンダーバードが
止まったという放送と共に、みどりの窓口にすごい行列が出来ていました。
この時友人が「先に空港に行くバスのチケット買っちゃおうよ」と言ったので
バスのロータリーへ。外に出た時にふいに放送が耳に入りました。
「…今、767便欠航って言わなかった?」
「え、ごめん聞いてなかった」
このちょうど1年前、ここには上げてない九州半縦断旅行に行った時に、私たちの
乗る2便前の飛行機が機体故障で欠航になり、代便を羽田から持って来るので
夜中になります…というのを見ていた思い出があるので、なんだ機体故障か~?と
思いつつまずはバスのチケットを買い、また駅に戻りとりあえず時間もあるので
喫茶店へ入りました。私たちの乗る予定の飛行機にはまだ時間があるので、多分
前の便がおかしいんじゃないと思いつつも、私のガラケーでは上手く調べられないので、
友達がスマートフォンで調べたところ

羽田、大雪のため小松⇔羽田の午後便欠航

その時の私の心情は「明日急ぎの仕事ないからここ泊まってもいいかな」でした。

しかしながら友人が即座に旅行会社に連絡をして、払い戻しに空港でもらう書類が
いることが判明。その間に私が帰りの電車を検索。
いろいろ調べて16時半近くに、とにかくこうしていても始まらないし、空港に行くかと
腰を上げかけた所なんと再度旅行会社から電話が来て空港に書類を取りに
行かなくてもいいことになりました。
この時点で関東に帰るルートは在来線→新幹線のルートで、新潟廻りの「はくたか21号」→
越後湯沢乗換え→「MAXとき344号」には間に合わず、「しらさぎ14号」→米原乗換え→
「ひかり532号」で帰ることに…。しらさぎは流石に指定席は取れませんでしたが、ラッキーな
ことにひかりは米原からの指定席が取れて、けっきょくしらさぎも自由席でどうにか座れて
地元まで座って帰ることが出来ました。

しらさぎ14号からは夕日が見えるくらいに綺麗に晴れていて、羽田で雪が降ってるというのが
いまいち良く分からず、帰りの車窓ではいつ雪が降り出すのかと外を睨んでばかりいました。
名古屋でパンパンちゃん20130114.JPG 上生菓子とパンパンちゃん20130114.JPG
(左)名古屋でビックカメラ撮ろうと思ったけど、登りだと写らないんだっけ…。
(右)飛行機で食べるつもりで買った上生菓子。結局家で食べました。

そして、こちら神奈川に着いたらすっごい雪…北陸でまったく雪を見なかったのに
なんか狐につままれたというのはこういう感覚か…と思いました。
そして「早く動くが利」というおみくじの言葉を思い出しました。早く金沢駅に戻ったこと、
早くバスのチケットを買いに行ったこと(あの時偶然聞いた以外どこでも欠航の
放送は聞きませんでした)、友人がすぐに旅行会社に電話して、空港に戻る前に
行かなくていい旨の連絡を貰えたこと、そのすべてが確かに「早く動くが利」であった…
としみじみ思いました。

今回年明け一発目から散々だった旅行ですが、空路が駄目でも陸路で帰れる!!
という経験を出来たのでそれもまあアリかな、と思います。
ちなみに関係ない話ですが、帰って来た翌日雪の所為でうちを含む近所の一部が
停電しました。なんだかなあもう。友人に愚痴ったら「厄が全部年始に来たんだよ!
後は大丈夫だよ!」と言われました。

そんなこんなで踏んだり蹴ったりな2013年、次の旅行は無事に行きたい!
それではまた、お出かけしようよパンパンちゃん!


nice!(6)  コメント(2) 

パンパンちゃんと金沢・和倉温泉1泊2日の旅② [金沢・和倉]

さて翌日。観光バスに乗るために早起きしてお風呂へ。6時台ですが外はまだ暗いです。
部屋に帰ってきてかなり明るくなっていますが、空は曇天。
お部屋でパンパンちゃん20130114.JPG
花火の船はいなくなっていました。

昨日、観光バスの予約を頼んだところ、ターミナルがもう閉まっていたため朝にならないと
乗れるか分からないとのことでした。巌門・気多神社などを巡る定期観光バス「ちりはま号」、
それが無理なら和倉周辺の観光バス「華の香号」に…ということにしてありました。
「ちりはま号」の場合、13時台には金沢駅に送ってもらえるので、帰りのサンダーバード号を
心配しなくて済みますが、金沢で時間が余る感じ。「華の香号」は和倉を堪能できますが
帰りのサンダーバードと空港バスの乗り換えの時間が少なくてちょっと心配な感じ。
でもせっかく能登半島に来たので、少しでも能登をと第一希望は「ちりはま号」にしていました。

食事後、関東で見るのと同じテレビを見ていると、無事に「ちりはま号」が取れましたと連絡が
入りました。旅館より8時半に送ってくれると言うことなので急いで支度をして出ました。

バスターミナルから9時に出発。「ちりはま号」は私たち二人と男性がもう一人で、ほぼ
貸しきり状態でした。というか私たちが昨日予約しなかったらこの男性一人だった
わけですね…。隣に輪島の朝市に行く観光バスがいましたが、こっちにはもうちょっと
乗っていました。うーん、ちりはま号は海の方に行くから、夏の方が人気なのかな…?

とぎ海街道20130114.JPG 甘エビ20130114.JPG
道の駅「とぎ海街道」。このすぐ向こうの砂浜で桜貝が沢山拾えるらしいです…。
行きたかったけど、ここはトイレ休憩くらいの立ち寄りなので残念ながら
行けませんでした…。最近鎌倉にあんまり落ちてないからなあ、行きたかったよ…。

巌門20130114.JPG 巌門でパンパンちゃん20130114.JPG
駆け足観光ですが「巌門」。パンパンちゃんも急いで撮影しました。
晴れてれば海が綺麗らしいです。冬以外は観光船もあるらしいです
(あ、だから人来ないのか冬…十和田湖を思い出すな…)。

気多神社こまいぬ120130114.JPG 気多神社こまいぬ220130114.JPG
こちらは気多神社の狛犬さん。なかなか大きくて立派な狛犬さんでした。

気多神社ではお払いもしてもらい、おみくじを引くと「大吉」!
旅行は「早く行くが利」。「早くかー、でももう来ちゃってるしね」なんて話を
友人としましたが、この後、この言葉をかみ締めることになるとは思いませんでした。

気多神社20130114.JPG なぎさドライブウェイ20130114.JPG
(左)気多神社。ここで霧島神宮・鵜戸神宮・伏見稲荷・成田山のお守りを収めてきました。
新しいお守りも購入したので、次の旅行でまた収めます。青島神社のお守りは会社に
忘れてきたのでまた次回に。
(右)その後はなぎさドライブウェイへ。お昼はここのレストハウスでした。
砂浜をバスで走れます。でも私ら疲れてほとんどうとうとしてました。

駆け足のバスツアーも終わり、13時過ぎに金沢駅へ送って貰いました。
この日、1月14日でした。

パンパンちゃんと金沢・和倉温泉1泊2日の旅③へ


nice!(3)  コメント(0) 

パンパンちゃんと金沢・和倉温泉1泊2日の旅① [金沢・和倉]

すっかり1月も半分過ぎましたが、今年もよろしくお願い致します。

さて、新年明けまして、今年最初の旅行に石川県の和倉温泉に行って来ました。
私の中にある石川県のイメージは「雪・兼六園・和菓子・能登半島・もずく・海老と蟹」。
そんな貧困な予備知識で一泊二日、行って参りました石川県。

出発は羽田空港から。今回は朝あまり急がない感じで9時台の飛行機に乗りました。
羽田空港20130113.JPG 飛行機の窓から20130113.JPG
晴天の羽田空港と、飛行機からの風景。そういえば北陸行くにはほとんど海上を
通らないんですよね。

到着は小松空港。北鉄バスのスーパー特急バスで11時40分頃には金沢駅に到着しました。
まずはロッカーに荷物を預け、駅前の回転寿司で海老やのどぐろを堪能。
思ったより回転寿司が混んでいて、待ち時間が長かったので後が押せ押せに。
バスの一日乗車券を買っていたため、兼六園シャトルというバスに乗って兼六園へ…。
ただし、時間が全然ありません。兼六園を見れるのは賞味20分。

兼六園20130113.JPG 兼六園でパンパンちゃん20130113.JPG
冬の兼六園=雪、だと思ってたのですが、この旅行中石川県ではけっきょく
溶け残りの雪をちょぼっと見るに留まりました。クラーク博士の時も20分くらい
しかいなかったよなそういえば。

兼六園からの帰りのバスが遅れてきて焦りましたが、どうにか金沢から
「特急サンダーバード19号(15時2分発)」に乗りました。この、金沢⇔和倉温泉間を
乗り換えなしで行き来できるサンダーバード号、これを逃すと次は19時です。
最初は指定席を取るつもりでしたが、駅員さんに聞いたところ「この時簡に和倉温泉に
向かうなら自由席で大丈夫」と言われたのでその通りにしたら、結構空いてました。サンダーバードでパンパンちゃん20130113.JPG 渡月庵20130113.JPG
(左)サンダーバード号でパンパンちゃん。今回黒い粘土が無くて茶色いです。
(右)和倉温泉にある「渡月庵」という素敵な旅館。ただし部屋にバストイレが付いてないので
今回は宿泊候補に入れませんでした。

16時に和倉温泉駅へ着き、本日泊まる「大観荘」さんへ。本日はなんと冬の花火大会が
ある所為か、街中はなかなかの人通りでした。

大観荘部屋から20130113.JPG 花火イベント会場20130113.JPG
(左)泊まったお部屋がオーシャンビューの上、花火を目の前で見られる部屋でした。
海に浮いてる船で花火を上げます。
(右)花火大会の会場です。暗くなってから見に行ったら海鮮鍋やフランクフルトなどが
売ってました(食事があるので食べなかったけどおいしそうだった…)。

食事まで時間があるので、和倉温泉の有名旅館「加賀屋」のお土産屋さんを見に行ったり
キャンペーンでもらえる卵を源泉につけてゆでたりして温泉街をだらだら満喫。
お部屋で食事を頂いた後、いよいよ20時より花火大会です。

冬花火220130113.JPG 冬花火120130113.JPG
あんまりいい写真が撮れなかったけど、部屋の中からぬくぬく見る花火は最高でした。
打ち上げ場所が近いので窓一杯に広がって見ごたえがありました!

ちなみに旅行の予約した時は花火大会があるなんてことを全く知らず(パンフレットにも
何も書いてなかった…)、周辺観光を探すのに2日前にネットをしていて知りました。
和倉温泉の冬花火大会、知名度どれくらいなんでしょうか?部屋から会場を見る限り
相当な人数が見に来てはいましたが…地元の人や隣接した県の人向けなのかなあ。

花火を満喫後、ゆっくり温泉に入って(寒かったので露天はパス)その日は就寝。
実はこの時点でもまだ翌日の行動が決まってませんでした…。

パンパンちゃんと金沢・和倉温泉1泊2日の旅②へ


nice!(3)  コメント(0) 
金沢・和倉 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます